NPO法人設立までの流れ

設立発起人会を開催

設立者が集まり、設立趣意書・定款・事業計画書・収支計画書などについて検討し、原案を作成します。

設立総会を開催

設立当初の社員も集まり、法人設立の意思決定および定款等について決議します。なお、任意団体からの法人化の場合は、財産等を新法人に継承することも決議します。

設立認証申請書類の作成

設立総会の委任を受け、役員の就任承諾書・誓約書・住民票の取り寄せを行い、申請に必要な書類を作成します。

設立認証の申請

所轄庁に申請書類を提出します。1都道府県内にのみ事務所を有する場合は、その都道府県が、複数の都道府県に事務所を有する場合は、内閣府が所轄庁になります。

こららの書類が受理後2ヶ月間、一般に縦覧

NPO法人は情報をできるだけ一般に公開してこうという趣旨から、このような制度がとられています。また、同時に、認証に必要な要件が整っているかどうか、所轄庁による審査が行われます。

縦覧後2ヶ月以内に認証・不認証の決定

認証の場合は認証書が交付され、不認証の場合は理由を記した書面で通知されます。(不認証の場合、修正して再申請もできます)

管轄法務局に設立登記の申請

認証後に登記をして初めてNPO法人として成立することになります。

設立登記が完了すれば晴れてNPO法人としてスタート!

登記完了後遅滞なく、所轄庁に「設立登記完了届」を提出します。


顔写真


  「行政書士の宮田(↑)を信じて聞いてみよう」という方はこちらから!