サポート内容とご利用料金(報酬 12万円〜、返金保証付き)

酒販免許申請のサポート内容

☆まずお客様のお話をじっくりお聞きし、必要な免許を確定します。

 (直接お会いしても、メールでも、どちらでも構いません)

☆ご用意いただく書類を急ぐものから順序立ててご案内します。

☆標準的な書類について、ひな型や記載例もご提供します。

☆管轄税務署への申請(書類提出)は当事務所で行います(全国対応)。

返金保証

ご不安を解消していただくため、当事務所のサポート料金(酒類小売業免許の場合のみ)には、返金保証を設けています。覚え書きもきちんと取り交わさせていただきますのでご安心ください。

→ 返金保証の詳細はこちらから


サポートご利用料金

※ 以下は一例です。記載のない酒販免許や組合せでもお気軽にお問い合せください。

※ 複数の免許を同じ場所で同時に申請する場合、料金が大幅にお安くなります。

※ サポートご利用料金には消費税が別途かかります。

一般酒類小売業免許 申請代行

¥100,000円(別途、登録免許税3万円)

通信販売 酒類小売業免許 申請代行

¥120,000円(別途、登録免許税3万円)

一般小売 + 通信販売小売免許 申請代行 (同時申請セット料金)

¥150,000円(別途、登録免許税3万円)


輸入酒類 卸売業免許 申請代行

「自社・ご自身が輸入した酒類」を卸売りするために必要な免許です。

¥180,000円(別途、登録免許税9万円)

  → 輸入酒類卸売業免許について詳しく見る


輸入酒類 卸売業免許 + 一般小売業免許 + 通信販売小売業免許 申請代行

多くのお客様からご好評をいただいている割引セットです。

¥220,000円(別途、登録免許税9万円)


輸出酒類 卸売業免許 申請代行

¥150,000円(別途、登録免許税9万円)

期限付酒類販売業免許 申請代行

地域物産展での地酒販売や特設会場でのワインフェア等、期間を限定されたイベント等で酒類を販売する場合に必要な免許。ただし、すでに酒販免許を持っていなければ申請することができません。

¥80,000円

目的変更登記 申請代行

会社で酒販免許を申請する場合、法人登記簿の目的欄に「酒類の販売」等の文言が記載されている必要があります。記載されてなければ、管轄法務局で目的変更登記手続を済ませる必要があります。当事務所は提携司法書士と連携し、関係書類の作成提出、新しい会社謄本の取り寄せまでスムーズにサポートします。

¥30,000円(別途、登録免許税3万円)

会社設立 手続代行

¥50,000円(株式会社の場合)

(株式会社の場合、20万円程度の実費が別途かかります)

各種条件緩和 申請代行

すでにお持ちの酒販免許で取り扱える範囲を拡大する手続です。

通販免許を変更して実店舗でも販売できるようにする場合や、実店舗販売のみの免許を変更して通信販売もできるようにする場合、または通信販売で取り扱える品目を増やす場合などです。必要な要件調査、書類作成、提出代行までスムーズに行います。

¥80,000円(登録免許税の納付が必要な場合があります)

蔵置所届出 申請代行

酒類の販売場とは別の、酒類を保管する場所を、税務署に届け出る手続です。

¥15,000円(蔵置所1ヶ所につき)



ここに記載がない免許・組合せでも、どうぞお気軽にお問い合せください。

→ お問合せはこちらから