飲食店を経営していても酒販免許は取得できる

飲食店を経営していても酒販免許は取得できる

最近、飲食業界の方から
酒販免許について問合せをいただく機会が多くなってきました。

中でも多いのが
飲食店を経営している法人/個人は、酒販免許を取得できないのか というご質問です。

私としても何度かか、各管轄税務署の酒類指導官部門に確認しましたが、結論としては 

飲食店を営んでいても、酒販免許が交付される可能性は十分あります。

ただ、酒販免許を持っていれば通常よりも酒類を安く仕入れられるので(卸価格)、
酒類販売業者として仕入れた酒類を、
自社で経営する料飲店でそのまま提供させないようにしているわけです。

要は、「料飲店用」と「酒販店用」の酒類はきっちり分けて販売してね ということです。

つまり、既存の料飲店を保護するために、酒類販売免許の審査を厳格にしているのです。
価格競争上、不当に有利になるのを防止する趣旨ですね。

当事務所には、料飲店を経営されているお客様をサポートさせていただいた、
多くの実績とノウハウがありますので、どうぞお気軽にご相談ください。

例えば、酒販用と料飲店用で、商品の仕入れ業者を分け、
(同じ業者から仕入れる場合は、酒販用と料飲店用で仕入れ伝票を分け)、
在庫場所も各商品が混ざらないよう区分するなど、
対策を講じたうえで酒類指導官部門と打合せを進めれば、
酒販免許が交付される可能性は十分にあります。

ご安心いただきたいと思います。

お読みいただきありがとうございました!

目白周辺までお運びいただける方には
1時間程度の無料相談(初回のみ)を実施しています。

スケジュール調整しますので、お気軽にお問い合せください。

→ お問合せはこちらからどうぞ

[`buzzurl` not found]

前の記事 »
トップページへ » 目白の行政書士のブログ

目白の行政書士のブログ TOP » 酒販免許 » 飲食店を経営していても酒販免許は取得できる