当事務所は酒販免許申請に関するお悩みや疑問を解決できます!《全国対応》

酒販免許申請を検討されている皆さま、このようなお悩みはありませんか?

✓ お近くに酒販免許申請に詳しい専門家がいない

✓ ご自分で調べてみたが、揃える書類が多くてうんざり

✓ ネットの情報だけでは今ひとつ分からない、ピンと来ない

✓ 知人にいろいろ教えてもらったが、違う判断を税務署にされた

✓ 役所にきいてみたが、不親切な対応をされてしまった

✓ とにかく早く確実に免許取得したい

✓ 専門家に任せて、経営者としての本業に集中したい

✓ 返金保証のない事務所にサポートを依頼するのが不安

✓ ネットに改正前の情報が残っていて、判断に困っている

✓ 忙しくて何度も役所と往復していられない

✓ 果たして免許取得できそうか、可能性を早く知りたい

✓ 明快な回答をしてくれる専門家を知らない

もし一つでも当てはまれば、当事務所はあなたのお役に立つことができます。

しつこい売り込みは一切しませんので、お気軽にお問い合わせください。


>>> お問い合せはこちらから

酒販免許申請にあたって押さえておきたいポイント

酒販免許(酒類販売業免許)は、他のいくつかの許認可とは異なり、「とりあえず取っておきたい」という姿勢で申請しても取得することはできません。申請にあたっては、販売する酒類の仕入先、販売先(一般消費者、飲食店、酒販免許業者など)、営業方法(対面手渡し、インターネット通信販売など)、取り扱う酒類の品目・製造地(輸入酒類か国産酒類か)などが、ある程度決まっている必要があります。


ひとことで酒販免許といっても、その販売先によって小売業免許と卸売業免許に分かれており、それぞれ営業方法などによってさらに細分化されています。ご自身がどの免許を取得したいかを明確に決めておかないと、準備作業が後戻りして、免許交付までに余計な時間がかかることになります。


また、酒販免許は販売拠点とする場所(申請販売場)に密接に紐づけされています。免許申請にあたっては(インターネット通信販売だけの場合でも)拠点とする場所を決めて、その場所を利用する正当な権限があることが分かる資料(建物賃貸借契約書、使用承諾書、不動産登記簿謄本など)を提出する必要があります。


酒販免許を早く取得したい場合は、税務署に早く申請することではなく、内容に抜けのない、整合性・一貫性のある書類を作成することで、申請後の審査期間を短縮することの方がはるかに重要になります。

サポート実績

当事務所は酒販免許申請サポートに特化した事務所です。


開業12年目を迎え、楽天株式会社様が運営されていた「楽天B2B」のバイヤー会員様の酒販免許取得を、専属でサポートさせていただきました。


また、東京スカイツリーのタワー内の直営3店舗"SKYTREE SHOP"様、輸入ワイングラス等の老舗 リーデル(RSN Japan株式会社様)様、カンパリジャパン株式会社様、大手リサイクルチェーン様の本部、地方名産品のアンテナショップ様、マリリンモンロー財団ワイナリーの独占販売権を保有されているショップ様、映画「ペンギン夫婦の作り方」(小池栄子さん主演)のモデルとなった石垣島ラー油のショップ様など、多くの酒販免許取得をサポートさせていただき、様々な事例を経験しております。関わってくださった方々にあらためて感謝申し上げます。

【当事務所には以下のようなお客様もたくさんいらっしゃいます!】

✓ 自宅マンションの一室でネット通販を始められた方

✓ 食材中心のラインナップに酒類を加えたネットショップ運営会社様

✓ 地元で製造された酒類を食材等と一緒に販売しているアンテナショップ様

✓ 酒類を買い取ってオークション販売を始められたリサイクルショップ様

✓ 飲食店の一角を利用して酒類販売を始められた方

当事務所のサポートが選ばれてきた理由

提出書類の精度を高めることで、免許交付時期を早めます

じつは税務署に早く申請するだけでは、免許交付の時期は早まりません。


申請して受理印を押してもらうだけなら最短1日でできます。

     

ただ、早く税務署に申請しても

申請書類や記載すべき情報に抜けがあれば、追加提出を求められ、

書類内容が一貫していなければ、修正を求められます。


もし税務署からのリクエストに対応するのが遅くなると

最悪の場合は、申請をいったん取り下げるよう促される場合もあります。

取り下げたら再申請からまた審査期間がスタートです。

そうなるとお客様は無駄なコストと時間を負担することになります。


当事務所は精度の高い書類を最初から提出しますので

申請後の審査がスムーズに進み、免許交付時期を早められる場合が多いです。


12年間の具体的事例とノウハウの蓄積

当事務所はさまざまな事例のサポートを経験していますが、

それだけではありません。


例えば、同じタイプの事案にでも税務署の管轄が違うと

異なる判断をされることがあります。

そうなった場合に、過去に経験した別の税務署での事例を引用し、

必要があれば上級庁である国税庁にも照会して

お客様が有利な方向に折衝を進められるよう、最大限の努力をします。


サポート料金への返金保証

当初は「そんなことして大丈夫なんですか?」と

お客様にご心配いただいたこともあります。でも大丈夫です(笑)。

保証したからにはお客様に免許取得していただかなければ

いずれは廃業することになってしまいます。

返金保証は「それだけの自信をもってサポートさせていただきます」という宣言です。

お客様とは保証内容を明記した契約書を

きっちりと取り交わさせていただいています。


酒販免許申請に必要な一定の書類を「無料」で作成・提供

事案に応じて、建物所有者の承諾書、使用貸借契約書、取引承諾書などが必要になりますので、無料で作成しております。


不動産登記簿謄本、建物図面は、お客様に代わってオンライン取得

これで役所との往復が少なくとも1回は減らせます。

印紙代等の実費は、お客様にご負担いただきます。

所在、家屋番号など、物件を特定する情報をご提供いただく必要があります。

    

弁護士、司法書士、弁理士、税理士、社労士等の充実のネットワーク

例えば、酒販業務で利用する「屋号」を商標登録したいというご相談も増えています。当事務所のお客様には、無料でご紹介させていただいています。


申請後の審査期間中も、書類作成等のサポートを継続してご提供します

当たり前ですが、税務署にスピーディーに申請して、それで終わりではありません。最後までサポートしますので、ご安心ください。

当事務所のサポートを受けるメリット

     

当事務所のサポートを受けることで、あなたが得られるメリットは・・・

  • スピーディーに酒販免許を申請することができる
  • 面倒で複雑な酒販免許をスムーズに申請できる
  • ビジネスに集中することができる
  • 免許交付が早まることで、必要のない店舗の家賃、人件費を削減できる
  • 専門家の明確な回答が得られる
  • どの順序で何を準備し、何に気を付けるべきかが明確になる
  • まず無料レポートや無料メール講座で、最新の情報を得られる
  • 返金保証を契約書で取り交わすので、安心感を得られる
  • 免許取得後の諸手続についても、気軽に相談できる
  • 当事務所が運営するYahoo!カテゴリーサイトからリンクを得られる
  • ネット上の広告戦略・販売戦略についても相談できる
  • 税理士・弁護士・弁理士・社労士・司法書士等の紹介を受けられる
  

費用・価格

お手数ですが以下のページをご確認ください。


 ⇒ 酒販免許申請サポートの費用について(当事務所報酬および実費)


 

当事務所の理念

このたびは当ホームページにお越しいただき、ありがとうございます!


当事務所が目指すところは

「酒販ビジネスを活性化して、笑顔の多い未来をつくる」ことです。


大げさに聞こえると思います。ですが、苦労して仕事を終えた後の最初の一杯や、ご友人や家族との大事な時間を演出してくれる一本のお酒がなかったら、私たちの生活はずいぶんと味気ないものになってしまうはずです。このことは、お酒を飲まない方でも同意していただけるのではないでしょうか。


酒販ビジネスの活性化のお手伝いをすることが、当事務所の喜びです。そのために日頃から関係法令の知識を学んでおり、事案や地域ごとに異なるさまざまなノウハウを12年間積み上げています。


酒販免許申請に関してお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。きっとお力になれることがあると思います。


良いご縁があれば嬉しいです。

 

お気軽にご相談ください!

酒販免許の取得を検討されている方、酒販免許申請に関して疑問をお持ちの方、酒販ビジネスに興味がある方など、メールでのご相談は無料です。まずはお気軽にお問い合わせフォームよりお問い合わせください。


東京・目白までお運びいただける方には初回無料相談も実施中です。しつこい売り込みなど一切ありませんので、お気軽にご利用ください。こちらもメールフォームから、ご希望の日時をいくつかお知らせください。


お問合せはもちろんお電話でもOKです。


当事務所は複数の免許申請案件を並行してサポートさせていただいており、申し訳ありませんが見込み客様の事務所等に出張しての無料相談は行っておりません。目白駅周辺での初回無料相談(面談)、またはメールでの無料相談をご利用ください。





お電話でのお問合せは 03-6427-6084 からどうぞ。

ご面談中や移動中など出られないことも多いですので、予めご了承ください。

営業時間:平日(祝日除きます) 9:00〜17:00